デリケートな医師の求人・転職についてわかりやすく解説するサイト『医師の求人・転職ガイド』

●●●面接対策●●●

【第一印象が大切】

病院での面接では一般の企業と比べても人柄が特に重要視され、第一印象が良いか否かでは
採用に大きく関わってきます。
なぜ第一印象を重視するかというと、病院側は患者の立場から考え、印象が悪いと感じる
医師を採用することは患者にとっても好ましくないからです。
身なりの準備はもちろんのこと、想定される質問に対しての回答の準備や、担当者から
「何か質問はありますか」と聞かれた場合にも答えに躓くことのないようしましょう。

【不採用になる医師】

面接の際には前の職場のこと、転職の理由を聞かれることもあるでしょうが、そこで批判を
してしまうと印象を悪くします。
前職について不平や不満があったとしても、それをストレートにいうと悪口や愚痴のように
伝わることがありますので、不平・不満は控え、あくまで前向きな姿勢で転職の理由を語る
ようにしましょう。
また、面接担当者は何十人も面接し採用を決めてきたプロですので、自分を過大に見せよう
としてもすぐにばれてしまいますから、素直に等身大の自分を表現しましょう。
面接ではコミュニケーション能力も重視されます。
履歴書では伝えきれない自分をアピールするのが面接と考えましょう。

【予備知識】

面接では自分を見てもらうだけではなく、自分の意思を伝えるとともにある程度は先方の
ことを知っておく必要があります。
先方のことをなにも知らない状況で面接すると、なぜここを受けに来たのか、転職の意思に
疑問を持たれることがあるからです。
また就労条件などについてもある程度は調べておき、不明な点のみ質問するようにします。

【共通の知人】

医療の業界は広いようで狭い世界ですので、学歴や職務経歴を見て共通の知人、友人などが
いる場合も多く、その人のことを聞かれることもあります。
もしそうした人がいた場合、面接担当者がその人に対して好印象を持っている場合と
そうでないがありますので、こちらの対応を変えるとよいでしょう。
共通の知人について聞かれたとき、前者の場合は親近感を持って答え、後者の場合は少し
距離をおいて話すほうが賢明ですが、いずれにしても悪口は慎みましょう。